脱デフレ

ユニクロが今秋冬物から順次、5%程度の値上げを実施するというニュースがながれた。脱デフレの流れは二輪業界にも起こっている。各メーカーから今秋以降に新製品発表の情報が発信されている。当然価格は現在より上昇する。国策に乗って各産業がデフレ経済から脱出する動きで、集団的に同時進行してしているように思える。

2012年の国内二輪車販売台数は44万2407台となっている。2013年9月18日に経済産業省と地方自治体、二輪車業界団体の官民一体で開催された、第一回BIKE LOVE FORUMでバイク産業が2020年までに目指す目標が国内販売100万台というように大きく吹いている。なにを根拠に目標をたてているのか不思議だ。それを実現するには125CC免許の取得負担軽減や原付一種の様々な足枷の問題などを解決する必要があるという。どちらにしても6年後に目標が達成されなくても、今より新車が売れるようになれば新車メーカーにとっては良いことなのだろう。

その発言から9ヶ月たっているが、状況は脱デフレ化の流れの中で高価格の新製品投入と安価な商品の撤廃が進行し、高速道路などの半額割引も消失し、都市部での二輪の駐車禁止に対する駐車場の確保も停滞気味だ。仕組みの変化で購入者にとっての利便性などはいまのところ見受けられない。かけ声と現実のアンバランスはかけ離れるほど人々を無気力にする。消費経済の末端の人々が好景気の恩恵を授かるのはドンビリのように思ってしまう。
画像
キーシャッター付きバイクのシャッターキー作成をしてみた。ノーマルのマスターキーの磁石部分に4個ある小さな磁石棒を密着させる。4つある内の三箇所に磁石が密着して、そのまま
ブランクキーの同じ位置に磁石を平行移動させるのです。指先でつまむと磁石が小さすぎて、指先の磁石が見えないし、ペンチだと磁石が吸い付いて作業しにくい、ステンレスのピンセットみたいなものがあれば作業しやすいかもしれないが、とりあえず指先に集中して15分ぐらいで作業を終えた。

JOG4お買い上げのY様ありがとうございます。前に中古車で購入いただいたタクトが10年ご使用ですから、今回は新車ですのでそれ以上だと、ヒェーッですね。
画像

続いてJOG4お買い上げのT様ありがとうございます。水冷エンジンで本体価格143000円はお安いと思います。
画像

今日の処分依頼バイクは2台でした。
画像

乗らなくなったバイク引取大歓迎です。